☆最新版☆ダイエットスムージーをとことん試しました!

本当に効果を感じられるダイエットスムージーって?

TOP » スムージーダイエットで失敗しがちな6つの理由 » リバウンド

リバウンド

スムージーによるダイエットでよくありがちな失敗が、一度は成功したもののまた体重が増えてしまう…というリバウンドです。

リバウンドはどんなダイエットでも起こり得ることなのですが、スムージーでも例外ではありません。どうしてリバウンドが起こってしまうのか、その理由をご紹介します。 

リバウンドの仕組み

リバウンドはダイエットにつきもの、といっていいぐらい失敗として起こる可能性の高い問題です。リバウンドしてしまう理由は、ダイエットを始めて摂取する栄養素やカロリーが不足することで、体が危険を感じていろいろなものをため込むようになるからです。制限をしている間は体重が減っていくと思いますが、その後理想の体重となって前の食生活に戻したとき、体はやっと食べ物がきた!と喜んで、今度こそは逃がさないように…と前よりも蓄えやすくなります。

これがリバウンドの仕組みです。前の体重に戻るどころか、ため込みやすくなっているため、さらに体重が増えてしまう可能性があります。

置き換えによる栄養不足

ダイエットのためのスムージーは、1日の摂取カロリーを調整するために最適です。いつもの食事の代わりに摂取するという方法でスムージーを飲む人も多いでしょう。

実際にスムージーを販売・製造するメーカーでも置き換えにスムージーを飲むように推奨していますよね。

置き換えが決して悪いというわけではないのですが、置き換えすぎるのは危険です。朝食だけ、夕食だけと1日に1食ぐらいを置き換えるぐらいであればいいのですが、危険なのは1日に2食以上の置き換えです。その分摂取するカロリーは抑えられるかもしれませんが、それだけ身体が栄養不足になります。

身体が危険を感じるので、リバウンドの仕組み通りにその後の食事で必要以上にため込みやすくなり、さらに痩せにくい体になってしまうでしょう。

ダイエットスムージーは栄養が不足しないようにと考えられていますが、それでも1日に2食となると栄養不足になる可能性が高いです。

置き換えの場合は、リバウンドしないためにも1日1食までをおすすめします。

>>私たちが実際に飲んで選んだ粉末ダイエットスムージーはこちら

ドカ食い

ダイエット中にもかかわらずドカ食いしたり、ダイエットが成功したことで安心してドカ食いしたりと、ドカ食いをするのにはさまざまな理由があります。ここでは、どうしてドカ食いをしてしまう理由や、ドカ食いを防ぐコツを調べてみました。

ストレス解消のため

ダイエットをすることでストレスがたまると、そのストレスを解消するためにドカ食いをすることがあります。なぜドカ食いをしてしまうかというと、強いストレスが体にかかることによって脳内にある満腹中枢が正常に機能しなくなるためです。

満腹中枢が正常に機能しなければ食事の量を制御できなくなるため、ドカ食いにつながってしまいます。人によっては、いつもの2倍3倍の量を摂取してしまうケースもあるようです。

食事制限の反動のため

ダイエットの方法にはさまざまなものがありますが、ほとんどの人が自分に合ったダイエット法を実践しているのではないでしょうか。とくに、スムージーダイエットのような置き換えダイエットは、続けやすいのがメリットです。

ただし、やり方次第では空腹を我慢しなければならない可能性もあります。空腹なのをずっと我慢していると、ダイエット中なのにタガが外れてしまい、ドカ食いに走ってしまうのです。食事制限の反動によってドカ食いしてしまい、ダイエットが失敗に終わった事例は数多くあります。

ドカ食いすると太る?

ダイエットに励む女性にとって、ドカ食いは大敵!ではないでしょうか。それくらい、ドカ食い=太るという認識を持つ人は多いようです。では実際、ドカ食いをすると太るものなのでしょうか?

実は、1~2回ドカ食いしたからといって、太るわけではありません。人間の体は、摂取したカロリーを使って日々体を動かすもの。ドカ食いした分のうち、体を動かすのに必要なエネルギーは消化されます。ただ、ドカ食いをした翌日は、消化されなかった分が体重として増加しているでしょう。しかし、たまにドカ食いをしたからといって、そのすべてが体脂肪として蓄積されるわけではありません。ドカ食いを常習化しない限り、体重の増加に関わらないため、過敏になり過ぎなくてOKです。

ポイントは、連日ドカ食いをしないこと!体脂肪は、蓄積するにも消費するにも時間がかかります。1日ドカ食いしてしまっても、その1日だけで体脂肪は増加しません。ダイエット中は、さまざまな制限をして我慢を積み重ねているので、ドカ食いしやすい状況にあります。だからといってあまり過敏になり過ぎず、週に1回くらいで止めておけば急激な体重増加は起きません。

ダイエット中にドカ食いしないコツ

週1回でドカ食いするのを止めておけばいいとはいっても、ストレス解消のためについついドカ食いを続けてしまう…という人も多いのではないでしょうか。ここでは、ドカ食いを防ぐコツについて紹介します。

すぐに食べられるものを近くに置かない

自分の近くに食べ物が置いてあると、ドカ食いしたくなったときに抑えがきかず、バクバクと食べてしまうかもしれません。逆に、食べ物を近くに置いておかなければ、ドカ食いのリスクを減らせます。

個包装されたお菓子やパンなどはどれも美味しいく、手軽に食べられるのがメリット。ただし、ダイエットして痩せたいのであれば、そのような余計な食べ物は傍に置いておかないようにしましょう。誘惑に負けやすいという人は、気をつける必要があります。

楽しめる趣味を見つけること

生きていくためには食べる必要がありますが、食べることが趣味だと四六時中食べ物のことを考えてしまい、ダイエットが難しくなるといえます。ダイエットを成功させたいなら、生きがいといえる趣味を新たに見つけておくと、ドカ食いを防げるでしょう。

ウォーキングやストレッチといった健康的な運動を趣味にすると、食べ物の摂取を止められるだけでなく、摂取したカロリーを消費できるのでおすすめです。

複数人で食事を摂る

一人で食事をするのと誰かと一緒に食べるのには、さまざまな違いがあります。例えば、誰かとともに食事をするときに、ドカ食いをするという人はどのくらいいるのでしょうか?

多くの人が「はしたないと思われたくない」と、控え目に食事を摂るはずです。対して、一人だけの空間で食べるときは、一切視線を気にしなくていいため、バクバクとドカ食いしてしまいます。したがって、複数人で食事を摂るのは、ドカ食いを防ぐのに有効な方法なのです。一人で食べるよりも親しい人と食べたほうが楽しいのは、言うまでもないでしょう。

食べる前に水をたっぷり飲む

どうしてもドカ食いしたくなったときにおすすめなのが、食前に水を飲むことです。水をたくさん飲んでから食べ始めると、早いうちに満腹感を覚えるようになります。満腹感を得られれば、ドカ食いする前に食べることを止められるでしょう。

ただし、水の代わりにジュースを飲んでしまうと、糖分が蓄積されてしまうため、かえって太ってしまいます。なるべく水を飲むようにしましょう。

スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー 徹底比較粉末ダイエットスムージー飲み比べ座談会
スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー