マジカル
スムージー

総合点:
94
/125点

公式
サイト

マイブレイク
レッド
スムージー

総合点:
112
/125点

公式
サイト

ミネラル酵素
グリーン
スムージー

総合点:
91
/125点

公式
サイト

☆最新版☆ダイエットスムージーをとことん試しました!

本当に効果を感じられるダイエットスムージーって?

TOP » スムージーダイエットで失敗しがちな6つの理由 » グリーンスムージーに入れてはいけない8個の食材

グリーンスムージーに入れてはいけない8個の食材

グリーンスムージーはなんでも入れていいわけじゃない!

飲むだけで体を内側から綺麗にして、健康的でスリムな体型になれると人気のグリーンスムージー。しかし、実はグリーンスムージーは体に良いものをなんでも入れれば良いというわけではありません。ここではグリーンスムージーに入れてはいけない食材をご紹介します。

人参

グリーンスムージーがグリーンスムージーであるためには一定の決まりごとを守る必要があります。その決まりごとの1つとして「デンプンが多く含まれている野菜はNG」というものがあります。グリーンスムージーの持つ特性として「酵素」があります。

「大麦の発芽に伴うデンプン分解酵素活性および炭水化物含量の変動」でも述べられているように、酵素はデンプンの分解・消化する作用があります。これが腸内の消化を助け、新陳代謝を活性化させ、ダイエット効果を生み出すのです。

参考:(pdf)「大麦の発芽に伴うデンプン分解酵素活性および炭水化物含量の変動」桐渕滋雄・中村道徳

しかし、スムージーに人参を入れてしまうと、酵素がデンプンと反応して分解してしまいます。せっかくの酵素がデンプンを分解するために使われてしまうのでグリーンスムージーの意味がなくなってしまいます。また、デンプンは果物の酸とも反応してガスを発生させます。

お腹の中でガスが発生するとオナラが出やすくなるだけでなく、お腹が張って痛くなるといったことも起こります。

砂糖

苦いグリーンスムージーを飲みやすくしようとして砂糖を入れるのはNGです。実は、砂糖はグリーンスムージーに最も入れてはいけないものの1つです。砂糖は炭水化物に分類され、グリーンスムージーのルール「糖質が含まれるものを入れてはいけない」に反することになります。それだけでなく、砂糖はエネルギー源になるため、あっという間にカロリー過多になってしまいます。

ナス

ナスはアントシアニンを多く含み、抗酸化作用が高い食材ですが、グリーンスムージーに入れるには不向きです。ナスの実は水分量が少なくスポンジのようで、ミキサーでしっかり粉砕することが難しいのです。また、皮は糖質も多く含むため、砂糖と同様にグリーンスムージーに入れるのはNGとなります。

白菜

白菜は食感も良く、水分も多いのでグリーンスムージーに合いそうですが、実は糖質やデンプンを多く含む野菜です。そのため、酵素が使われしまいグリーンスムージーの効果を半減させてしまいます。

レタス

レタスは緑色の葉物であることからグリーンスムージーに入れてしまおうかと思われる食材の1つです。しかし、レタスは繊維が硬く、ミキサーを使っても粉砕しきれずに口に残ってしまう可能性があります。もしレタスを使うのであれば高性能のミキサーで細かく粉砕できるようにしましょう。

海藻

海藻にはたくさんのミネラルや栄養が含まれているのでグリーンスムージーに最適だと思われるかもしれません。しかし、海藻に含まれる「ムチン」と呼ばれる成分が問題になります。ムチンはネバネバを作り出す成分で、これをミキサーに入れると空気を含みながら活性化、飲み込むことが困難になるくらい強烈なとろみを生み出してしまいます。

牛乳

牛乳はタンパク質を含むため、人参と同じように果物の酸と反応して凝固してしまいます。さらに、酵素がタンパク質を先に分解してしまうことで酵素が消費されてしまいます。同じ理由で乳製品のヨーグルトも入れるのはNGです。

ただし、ヨーグルトはダイエットに重要な乳酸菌をたくさん持っています。ヨーグルトを摂るのであれば一緒にではなく、2時間程度ずらしてから食べるようにしましょう。

ズッキーニ

ズッキーニは栄養素が豊富に含まれているのでグリーンスムージーに向いているかと思うかもしれませんが、実はデンプンを含みます。また、ズッキーニの実や皮は硬いので通常のミキサーでは粉砕しきれない可能性があります。
スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー 徹底比較粉末ダイエットスムージー飲み比べ座談会
スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー