マジカル
スムージー

総合点:
94
/125点

公式
サイト

マイブレイク
レッド
スムージー

総合点:
112
/125点

公式
サイト

ミネラル酵素
グリーン
スムージー

総合点:
91
/125点

公式
サイト

☆最新版☆ダイエットスムージーをとことん試しました!

本当に効果を感じられるダイエットスムージーって?

TOP » スムージーダイエットで失敗しがちな6つの理由 » 身体の冷え

身体の冷え

ダイエットのためにスムージーを飲んでいても、痩せない理由はたくさんあります。

その一つが、身体の冷えによるダイエットの失敗です。スムージーによるダイエットは身体が冷えやすいため、気を付けなくてはいけません。

ダイエットに冷えがNGの理由

身体が冷えてしまうと、どうしてダイエットに悪い影響を与えてしまうのでしょうか。身体が冷えている=代謝が悪くなっている、という現れです。

体内で血液や栄養素などがうまく巡っていません。冷えによる基礎代謝の低下によって、脂肪も燃えにくく痩せにくい体質になります。どれだけ頑張ってダイエットのためにスムージーを飲んでいても、冷えが改善しないことには効果はイマイチになってしまうでしょう。

冷えは体調不良にもつながりますし、ダイエット以前に健康の問題も発生してしまいます。特に女性は筋肉量も少なめなので体質的に冷えやすく、冷え性に悩んでいる人も多いはずです。

体温が低い、いつも手足が冷えるという人は冷えを改善させなくてはいけません。

基礎代謝の低い人は冷えやすく太りやすい

身体は、生きているだけでエネルギーを消費します。この生命の維持に必要な最低限のエネルギーが、基礎代謝です。体の中でエネルギーが作られると熱を生じますが、基礎代謝の低い人はこの熱が生じにくく、冷えを感じやすくなります。

さらに、基礎代謝が低いということは、摂取した栄養をエネルギーに代える効率が悪いともいえます。このため、エネルギーに変換できなかった栄養がどんどん蓄積されて、脂肪になりやすいのです。また、汗をかきにくいという傾向もあります。汗をかかずにいると、余分な水分が体内に溜まって冷えを感じやすくなるのです。身体はこれ以上熱を逃さないよう、ますます代謝を下げてしまいます。

体温が1度下がると、免疫力は30%下がるといわれています。免疫力の低下は、風邪を引きやすくしてしまうのです。 エンジンを温めていると車がスムーズに動くように、私たちの身体は体温を上げておくことで活発に活動できます。逆に、身体が冷えた状態では体内の酵素の動きが低下してしまうため、脂肪がつきやすくなって太ってしまうのです。

女性は男性よりも冷えを招きやすい

女性に冷え症が多いのは、体温の4割を作り出す筋肉が男性よりも少ないからです。スムージーでダイエットをしながら冷えを防ぐには、夏に限らず筋肉をつくれる運動習慣が必要となります。また、食生活の欧米化により、体を温める和食から脂身の多い肉や生野菜、白いパンといった体を冷やす食事が中心になったのも、冷えを招きやすくなる一因です。

さらに、水分の過剰摂取も冷えのもと。排出できなかった水が体に残り、体を冷やしてしまいます。成人の1日に必要な水分量は、1.2~1.5リットルほど。コップ1杯程度(約200ml)を、6~8回に分けて飲むといいでしょう。水分をこまめに摂ると、熱中症の予防もできます。熱中症の対策には塩分濃度の高い経口補水液も効果的ですが、水代わりに飲むものではありません。

1日中冷房にあたり続けるのも、身体の冷えを招く原因です。身体が冷えることで血管がギュッと収縮し、血流が悪くなります。血液は、体の末端まで酸素や栄養を運ぶ役割を持つもの。しかし、血流が滞ってしまうと身体に必要な成分が届かなくなるだけでなく、不要な老廃物も回収しにくくなるのです。

スムージーで身体が冷えてしまう?

どうしてスムージーを飲むことで身体が冷えてしまうのかというと、冷やしすぎが原因です。スムージーは飲み物なので、冷えていたほうがおいしく飲めますよね。

ちょっと飲みにくいなという味わいのものであっても、冷えているとある程度は飲めるでしょう。そのため、ついつい冷たいお水で作ったり、冷たい材料を使ったりしがちなのですが…これが失敗です。

手作りの場合は食材を常温で…となると鮮度の問題で難しいかもしれませんが、粉末で販売されているダイエットスムージーなら冷やしすぎず飲むことができます。

とはいえ、温かいものとなると飲みにくくなってしまうので、冷やしすぎない、飲みにくくない程度の常温の水で飲んでみてください。

身体の冷えは、外部から温めるだけではなく、身体の芯から温めなくてはいけません。末端の冷えも、原因は体内の中心部にあります。

特に体内に冷たいものを入れるのは冷えの原因になるので、スムージーを飲むときは気を付けましょう。

>>私たちが実際に飲んで選んだ粉末ダイエットスムージーはこちら

胃腸の冷えにより消化吸収が上手くいかなくなる

美味しいからといって冷たいスムージーを飲むと、胃腸が冷えてしまいます。胃腸が冷えると、飲食したものを消化吸収する力が衰えてしまうのです。したがって、酵素や抗酸化物質たっぷりのスムージーを飲んでいても、それらを十分に摂り込めなくなってしまいます。結果として、スムージーのダイエット効果を満足に実感できなってしまうのです。

さらに、胃腸の冷えは下痢を起こしやすくなります。特に、体温が上がり始める朝にスムージーを飲む場合は注意が必要です。また、朝に冷たいものだけで食事を済ませると、その日は体温が上昇しにくくなります。ダイエットによってその状態が習慣化してしまうと、低体温になるリスクも生じるようです。

スムージーによる冷えを改善するには

スムージーを飲んで身体が冷えると、代謝の悪化や消化吸収の衰え、免疫力の低下などが起こり、ダイエットに良くないことが分かりました。ここでは、これらの症状を改善して効率的なスムージーダイエットを行う方法を紹介しています。

スムージーは常温で摂取する

冷凍フルーツや冷たい牛乳やヨーグルトを使わない、常温スムージーが◎。常温で飲むことで必要以上に身体を冷やさずに、胃腸の冷えによる消化吸収の低下を防ぐことができます。

衣服やストールで体温を調節する

スムージーを摂取して体に冷えを感じたときは、カーディガンやストールなどで太い動脈や静脈のある首元や手足などを冷やさないようにしましょう。肌を覆うことで熱が逃げず、冷えにくくなります。

身体を冷やさない食材を含んだスムージーを飲む

身体を冷やさないいちごやリンゴをスムージーに使うのがおすすめです。柑橘類ではレモンやライムなど。これらの食材を使っていれば、他の食材をミックスしてもOKです。長いもやキャベツも身体を冷やさないため、好きなフルーツと組み合わせてみるのもいいでしょう。身体を温める食材として、しょうが、黒砂糖、きび糖があります。スムージーに甘味を加えたい場合は、白砂糖ではなく黒砂糖やきび糖を選ぶといいでしょう。しょうがをプラスすると、スムージーの味が引き締まります。

入浴で身体を温める

暑い日はシャワーで済ませたいところですが、バスタブでお湯につかって温まることが大切です。漢方を取り入れるのもいいかもしれません。体内が冷えたときに、身体を温めるのは漢方薬の得意分野。胃腸を温めてくれる漢方薬に、人参湯(にんじんとう)や黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)などがあります。

スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー 徹底比較粉末ダイエットスムージー飲み比べ座談会
スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー