☆最新版☆ダイエットスムージーをとことん試しました!

本当に効果を感じられるダイエットスムージーって?

TOP » スムージーが持つダイエット&健康効果 » がん予防

がん予防

日本では三大疾病の一つでもあるがんは、しっかりと予防することが何よりも大切です。ダイエットのためのスムージーにもがん予防に役立つ成分が含まれていることは知っているでしょうか?どのような成分ががん予防につながるのか、ご紹介します。

がんってどうやってできる?

がんは、細胞や遺伝子などが異変を起こすことによって起こる病気です。細胞や遺伝子は傷つくと、免疫機能が働いて修復する、というのが通常なのですが、修復に時間がかかり修復されないままになっていると、それががん細胞となって増えていってしまいます。がん細胞は一度できたらもう治らないというわけではなく、実は毎日生活しているうえでがん細胞は体内で作られている、って知っていますか?それでも健康で生活していられるのは、がん細胞をやっつけることができるパワーを持っているからです。

しかし、現代人はストレスや食生活の乱れによる栄養不足などで、どうしてもがん細胞を作りやすく、さらに増やしやすくなっています。

がん予防に大事なこととは?

がん細胞は極力作らないようにすること、そしてやっつけられるような力を身につけること、さらにがん細胞が好む環境を作らないこと、この3つががん予防のためには大事なことです。

特に意識したいのは、やっつけられるような力を身につけること、そしてがん細胞が好む環境を作らないこと、ですね。

スムージーでがん予防

がんをやっつけられる力を身につけるためには、何よりバランスのいい栄養です。栄養がしっかりと行き届いている健康的な身体であれば、がん細胞が発生したときにすぐやっつける力を備えることができます。

そして、さらにがん細胞が好む酸性の環境をアルカリ性の環境へと近づけることも予防には必須です。

アルカリ性でいることが調子よく毎日を過ごすためにも大切なことになりますし、がん細胞がとても苦手な環境になるので、増殖しづらくなるでしょう。理想はpH7.3~7.5程度の弱アルカリ性といわれています。

がん細胞はpH5ぐらいの酸性で活発に活動して増殖しやすいため、アルカリ性に保てるようにしなくてはいけません。

スムージーには身体にとっていい成分ばかりが配合されており、栄養を補ってベストな状態に変えていく手助けをしてくれます。身体がベストな状態=アルカリ性に傾いた状態となるため、がん細胞にとっては繁殖しづらい環境となりますね。

そしてもう一つ、クロロフィルの効果も期待できます。クロロフィルはがん予防に役立ち、発がん物質を抑制させるという研究結果もあります。

クロロフィルも葉野菜に多く、野菜や果物を主原料とするスムージーから摂取することができるでしょう。

>>私たちが実際に飲んで選んだ粉末ダイエットスムージーはこちら

スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー 徹底比較粉末ダイエットスムージー飲み比べ座談会
スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー