マジカル
スムージー

総合点:
94
/125点

公式
サイト

マイブレイク
レッド
スムージー

総合点:
112
/125点

公式
サイト

ミネラル酵素
グリーン
スムージー

総合点:
91
/125点

公式
サイト

☆最新版☆ダイエットスムージーをとことん試しました!

本当に効果を感じられるダイエットスムージーって?

TOP » スムージーが持つダイエット&健康効果 » 老化防止

老化防止

アンチエイジングという言葉が注目されている今、老化防止に役立つ成分は取り入れておきたいですね。ダイエットの目的も、若々しさを保つため、という人も多いのではないでしょうか。老化防止に役立つ成分はスムージーにも配合されています。どんな成分が老化防止に効果を期待できるのか、ご紹介します。

老化=身体の酸化

老化現象という言葉はよく聞きますね。もう歳だから…などと年齢によって、若かったころとは同じようにいかないことが増えていきます。人間は生まれてからずっと、老化をしています。たくさんの細胞でできているため、それぞれの細胞が長い年月を経て変化していくからです。でも、老化は人によって速度が違います。ちゃんとケアしていれば、老化を全くしないというわけにはいきませんが、老化をある程度防止することが可能となるでしょう。

身体が老化するというのは、身体が酸化するということですね。それ以外にも糖化や紫外線によるダメージ、生まれ持った遺伝子の状態なども関係しているのですが、酸化は予防することができます。酸化は、体内に発生する活性酸素の影響です。ATPがミトコンドリアで作られるのですが、そのタイミングで活性酸素が発生することがわかっています。

活性酸素は正常な細胞までも攻撃して酸化させてしまうため、健康な細胞が失われていき、それによって身体は老化していく…という仕組みですね。

活性酸素を減らすスムージーに含まれる抗酸化成分

活性酸素による影響を受けないように、取り入れたいのが抗酸化成分。酸化を防ぐ=活性酸素を除去する、という意味を持つ成分のことです。

代表的なものとしては、ビタミンEやC、βカロテンなど…。しかし、ここで気を付けなくてはいけないのが、ただ単に抗酸化成分と呼ばれるものを摂取していればいいわけではない、ということです。確か抗酸化成分が老化防止には役立つのですが、たくさんの抗酸化成分をバランスよく摂取する必要があります。

ビタミンEは抗酸化物質として活性酸素を除去させるのはいいのですが、その後はビタミンEが酸化物質になってしまいます。こういったことがないように、ビタミンC を補わなくてはいけません。

スムージーであれば、野菜や果物の成分としてバランスよく栄養素が配合されており、同時に複数の栄養素を補うことができるでしょう。その結果、より高い効果が期待できますね。

>>私たちが実際に飲んで選んだ粉末ダイエットスムージーはこちら

肌が老化する原因を知ろう

いくらスキンケアに気を使っていても、内側から老化が進んでしまうことがあります。それは「酸化」と「糖化」が原因。年齢による老化はどうしても起こってしまいますが、酸化と糖化の対策をきちんと行えば老化を遅らせることができます。

老化の原因その1:酸化とは

人間は生きる上で毎日呼吸を繰り返していますが、呼吸によって体内に取り込んだ酸素はエネルギーに変換されます。その際に一部の酸素は化学反応により「活性酸素」になるのですが、この活性酸素は細菌などを除去してくれる働きを持つので、人間の体に必要なものです。

しかし過剰に発生してしまった場合は、正常な細胞も傷つけてしまうことに。体内のいたるところにある細胞を酸化させて老化を早めてしまいます。

老化の原因その2:糖化とは

食事などから摂取した余分な糖質が体内にあるたんぱく質などと結びつき、細胞を劣化させる現象を糖化と呼んでいます。糖化が進んでしまうと肌のしわやくすみ、シミなどに繋がります。

また、糖化によって作られる「AGE」と呼ばれる物質は、多くの病気の原因になると言われているので、糖化を防ぐことはアンチエイジングといった観点からだけではなく、健康に過ごすためにも大切なことです。

アンチエイジングに摂り入れたい成分

アンチエイジングを考えたときに、特に摂取したいのは酸化や糖化を防いでくれる成分ですよね。そのためにはビタミンB1やビタミンB6、ポリフェノールを特に摂取できるように意識すると良いでしょう。

ビタミンB1

糖質や脂肪の代謝を促して糖化を防いでくれます。多く含まれるのは干しぶどうやアボカド、オレンジ、菜の花など。

ビタミンB6

たんぱく質と糖質が結合するのを防ぎます。バナナや赤パプリカ、モロヘイヤ、パセリに多く含まれています。

ポリフェノール

抗酸化作用により体内の活性酸素を除去する働きをしてくれます。春菊やレンコン、玉ねぎ、ブロッコリーにも多く含まれています。

老化を防ぐには、糖質の多い食事を控えて

上記に挙げた栄養素の摂取も大切ですが、体内に余分な糖質を入れないことも大事。とはいえ、生きて行く上で糖質を全てカットすることはできません。そこで頭に入れておきたいのは「急激に血糖値をあげない」ということ。

食品により、食後の血糖値の上がり方は異なります。このときポイントとなるのが「GI値」と呼ばれるものですが、これは摂取した後の血糖値の上がり具合を数値化したもの。GI値が低いほど血糖値が上がりにくい食品ですので、なるべく数値の低い食品を中心とした食事をすれば、血糖値を上げずに済みます。

すると体内に余分な糖質が残ることも少なくなりますから、体内の糖化を防げるのです。

スムージーで老化を防止しよう

アンチエイジングに効果的な成分を摂取するには、スムージーを飲むというのも良い方法ですね。

ミキサーと野菜・果物さえあれば、スムージーは簡単に作ることができますので、上で紹介した素材をたっぷり入れて、アンチエイジングスムージーを作ってみましょう。

スムージーを取り入れる時の注意点

ただし、せっかくスムージーを取り入れたとしても、飲み方を間違えると逆効果になってしまうことも。下記の2点について注意が必要です。

朝に飲むと逆効果になってしまうこともある

スムージーは朝に飲むもの、というイメージが強いですが、入れる素材によっては朝に飲むと老化を進めてしまうものがあります。これは、野菜や果物に含まれる「ソラレン」と呼ばれる物質が原因。特に多く含まれているのはパセリやセロリなどセリ科の野菜です。

ソラレンは、紫外線に反応して肌にダメージを与える「光毒性」が強い物質。セリ科の野菜以外にも柑橘系の果物にも含まれていますが、これがシミやそばかすの原因になることがあります。良かれと思って朝に飲んだスムージーにソラレンがたくさん含まれていると、外に出たときに浴びた紫外線を肌が吸収しやすくなってしまう、ということなのです。

ただし、ソラレンを含む素材を使ったスムージーを飲んではいけないわけではなく、夜に飲めば問題ありません。つまり、飲む時間帯にさえ気をつければ良いのです。

常温で飲むこと

もう一つ注意したいのは「作ったスムージーは常温で飲む」こと。冷蔵庫に入れて冷やしてから飲みたい人もいるかもしれませんが、体を冷やしてしまいます。

内臓を冷やしてしまうと腸内環境の悪化に繋がり、便秘の原因に。便秘になってしまうと、肌のトラブルも起こりますので、結果的に老化を進めてしまうことになるのです。

アンチエイジングのスムージーのレシピ

では、アンチエイジングが期待できるスムージーのレシピをご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

甘酒グリーンスムージー

「飲む点滴」と言われるほど健康効果が高い甘酒を使ったスムージー。ミネラルやビタミンがたっぷり摂ることができます。

アーモンドミルクのフルーツスムージー

ビタミンがたっぷり摂れるスムージーです。アーモンドに含まれるビタミンEも、抗酸化作用を持つ成分。

スムージーはアンチエイジングにも効果的!

老化を進めてしまう原因と、アンチエイジングに役立つ栄養素についてご紹介しました。アンチエイジングのためにスムージーを取り入れる場合は飲み方に少しコツがありますので、注意をしながら飲みましょう。さまざまなスムージーを飲んで、イキイキした体を手に入れてくださいね。

スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー 徹底比較粉末ダイエットスムージー飲み比べ座談会
スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー