マジカル
スムージー

総合点:
94
/125点

公式
サイト

マイブレイク
レッド
スムージー

総合点:
112
/125点

公式
サイト

ミネラル酵素
グリーン
スムージー

総合点:
91
/125点

公式
サイト

☆最新版☆ダイエットスムージーをとことん試しました!

本当に効果を感じられるダイエットスムージーって?

TOP » ダイエットスムージーと他ダイエットドリンクの違い » 黒汁とダイエットスムージーの効果を徹底比較

黒汁とダイエットスムージーの効果を徹底比較

黒汁(くろじる)とは

黒汁とは、3種類の活性炭が含まれている栄養補助食品。ヤシガラの炭、赤松炭、もみ殻由来の炭末色素が含まれた黒いパウダーを水などに溶かして飲みます。そのほか発酵黒生姜や黒すぐり、黒にんにくなど9種類の黒い成分も配合。この黒汁を食事と置き換えたり、間食がわりに飲んでいきます。1日2杯の摂取が推奨されています。

ダイエットスムージーとは

数種類の野菜・果物をミキサーでジュースにしたものがダイエットスムージー。生のまま丸ごとジュースにするので、野菜や果物の栄養をそのまま摂取することができます。ダイエット目的で飲む場合には、朝食や夕食をスムージーに置き換えたり、間食の代わりに飲んだりすることで1日の摂取カロリーを抑えます。

黒汁とダイエットスムージーをポイントごとに比較してみよう

では、黒汁とダイエットスムージーの2つをさまざまな面から比較してみます。

期待できる効果は?

黒汁

食事と置き換えることによって摂取カロリーを抑えてダイエット効果をもたらしてくれるとともに、活性炭の働きにより活性酸素の除去や食事の油を吸収して外に出してくれるといった嬉しい効果も。さらに腸内環境も整えてくれるので、便秘の改善もしながら、徐々に痩せやすい体質に変化していきます。

ダイエットスムージー

ゆっくりではありますが、野菜や果物が持つ栄養素をしっかりと摂取しながら痩せることができます。野菜や果物をたくさん摂取するので足りない栄養素を補うことができ、生活習慣病の予防やアンチエイジング、美肌についても期待できます。

取り入れるメリット

黒汁

水に溶かして飲むだけなので、手軽に毎日の食事と置き換えることができます。持ち歩きも非常に楽なので、例えば昼食にカロリーの高いランチを食べた後にさっと飲む、ということもできます。腸内環境を整えることで美肌効果も得られるので、いまの体重をキープしたい、もしくは体の中をきれいにしたいという人におすすめです。

ダイエットスムージー

劇的な体重変化はありませんが、栄養をたっぷりと摂取できるので健康的な体づくりができます。また、女性にとっては食物繊維をしっかりと摂れるのが嬉しいところ。頑固な便秘に悩む人はぜひ取り入れてほしいものですね。

また、置き換えの時に感じて辛くなりがちな空腹感も少ないため、長く続けやすいのもメリットです。

考えられるデメリット

黒汁

水に溶かす飲み方が一般的ですが、腹持ちは良くないため食事の置き換えを行うには辛いと感じるという声も。

また、ゆっくりと体内をきれいにしていくので即効性は期待できません。コツコツ飲み続ける必要があるのでにすぐ効果を感じたいと思っている人はあまり向いていないかも。

ダイエットスムージー

生の野菜や果物の酸化を防ぐため、作ったらすぐに飲むのが基本。そのため長期保存には向きませんし、外出先で作って飲むのが難しいのがデメリットと言えるでしょう。また、生の野菜や果物を多く使うので、コストがかさんでしまうことがあります。ですから、粉末のスムージーをうまく使うことでこのデメリットをカバーすると良いでしょう。

始めやすさ、続けやすさは?

黒汁

始めるには黒汁を購入することが必要ですが、販売店は限られているのでインターネットでの通販で手に入れる方法が一般的です。東京都内には黒汁を飲むことができるカフェもありますので、都内在住の人なら一度試してから購入して見るのも一つの方法。店舗限定でお試し価格で購入ができるようです。

ダイエットスムージー

用意するものは野菜や果物とミキサーのみなので、比較的簡単に始められます。野菜嫌いでも入れるものを工夫することで自分好みの味に調整できます。最近は水に溶かすだけの粉末スムージーも多く販売されているので、上手に使い分けることで長く続けられます。

味や飲み心地は?

黒汁

その名の通り、真っ黒なドリンクの黒汁で味はあまりなく、玄米の風味と最後にほんのり黒糖の甘さを感じる程度。人工甘味料は一切使っておらず、自然の甘みを最大限に生かしています。クセがないので飲みやすく、飽きずに続けられる味です。そのほか、温めた牛乳に溶かしたり、ヨーグルトにかけていただくという方法も。

ダイエットスムージー

味は自分で調整が可能。自分が好きな野菜や果物を入れることで無理することなく飲むことができるので、さまざまな組み合わせを試してみて自分の好みを探すのも良いですね。野菜と果物をそのまま粉砕して飲むので、どろりとした飲み心地になります。最初は飲みづらいと感じる人もいるかもしれません。

どちらも徐々に体質改善。ダイエット効果も緩やか

黒汁もダイエットスムージーも、簡単に取り入れることができるので続けやすいダイエット方法と言えます。ただ、両方とも緩やかに効果が感じられるというのが大きな特徴なので、即効性を求める人には向かないという面も。食事や間食を置き換えることで徐々に体質も改善できていきますので、焦らずに自分のペースで続けていくと良いでしょう。

「コンブチャクレンズ」とは?

「コンブチャ」という名前を初めて聞いた人もいるかもしれませんね。これは「紅茶きのこ」のこと。紅茶きのことは、紅茶(緑茶を使う場合もあります)に砂糖とスコビー菌を加えて発酵させ、ゲル状になったもの。このゲル状になった形がマッシュルームのようなので、紅茶きのこと呼ばれています。

「コンブチャクレンズ」とは、このコンブチャをドリンクにしたものです。

「ダイエットスムージー」とは?

生の野菜や果物をミキサーで混ぜ合わせてジュースにしたものです。ミキサーがあれば簡単に作れますし、野菜や果物を粉砕してそのまま飲むので栄養を丸ごと摂取できるので女性にとても人気がある飲み物です。 また「外でも手軽に飲みたい!」という人には、粉末のスムージーも人気。

コンブチャクレンズとダイエットスムージーをポイントごとに比較してみよう

それぞれがどんなものなのかがわかったところで、飲み方や味、飲んだときに得られる効果などポイントごとに比較をしてみましょう。

期待できる効果は?

コンブチャクレンズ

コンブチャクレンズには非常にたくさんの酵素が含まれており、代謝を促進してくれます。ですから、ダイエットやデトックスに効果があるとされていますし、便秘解消や美肌にも効果があるとも言われています。ダイエットという観点から考えると、飲み始めてすぐに体重が落ちるわけではなく、緩やかに体重が減っていきますので、無理なく体重を減らすことができます。

ダイエットスムージー

短期間では効果を感じられない場合がほとんどですが、毎日飲み続けることで循環の良い体を作りながら健康的に減量できます。また、食物繊維が多く含まれているので便秘改善や美肌効果も期待できます。

取り入れるメリット

コンブチャクレンズ

水割りや炭酸割りなど日によって飲み方が工夫できるので、飽きずに続けやすいのがメリットです。酵素がたくさん含まれているので、ファスティングダイエットや置き換えダイエットに向いていると言えるでしょう。

ダイエットスムージー

たくさんの野菜や果物を粉砕してそのままジュースにするので、素材の栄養素を丸ごと摂取できるのがメリット。現代人にとって不足しがちな野菜を手軽に補えます。また、食物繊維が豊富に含まれるので、便秘気味の女性にもおすすめ。また、食物繊維が多く含まれているので腹持ちが良く、食事の置き換えとしても取り入れやすいはず。

加えて、スムージーに入れる食材は自分で選べるので、好みの味に調整しやすいというメリットもあります。

考えられるデメリット

コンブチャクレンズ

味を調整するのが難しいため、コンブチャクレンズそのものの味が苦手だと続けるのが苦痛になってしまいます。また、瓶入りなので持ち歩くのに不便というデメリットも。さらに、開封したら劣化が始まるので、早めに飲む必要があります。

ダイエットスムージー

スムージーを作る際に、たくさんの野菜や果物を使わなければいけないので、コストがかかるのがデメリット。また、ミキサーが必要となるので、作るのに手間がかかるということもあります。

作ったらすぐに飲むのが基本ですから外で飲むのは難しいと言えます。ただし、粉末のスムージー使えば、外でも手軽に飲むことができます。

始めやすさは?

コンブチャクレンズ

インターネット等で注文して手に入れるだけで飲み始められます。さまざまな商品が販売されているので、それぞれの特徴を比較すると良いでしょう。水割りや炭酸割りで飲むことが多いので、コンブチャクレンズ以外に特別なものを用意する必要はありません。

ダイエットスムージー

ミキサーさえ家にあれば、あとは野菜や果物を買ってきてミキサーにかけるだけ。レシピについても書籍が多く出版されていますし、インターネット上にもたくさん掲載されているので、初心者も比較的簡単に始められます。

味や飲み心地は?

コンブチャクレンズ

コンブチャクレンズを原液で飲むと、濃厚なマンゴー味で甘みが強いのが特徴。水で薄めたり、炭酸を加えたりして飲むのが一般的ですが、ヨーグルトにかけても美味しくいただけます。

普通のドリンクと同じように飲めるので、味が苦手でなければ楽に飲むことができますよ。

ダイエットスムージー

スムージーの飲み心地はどろりとしています。野菜や果物をミキサーで粉砕して作るので、「飲んでいる」というよりも「食べている」という感覚で日頃取り入れている人も多いはず。いつもの味に飽きたら牛乳や豆乳で作ることで飲み心地を変化させることも簡単。自分の好みでレシピを変えていけるのも楽しいです。

たとえ野菜が苦手でも、入れる果物によって味を調整しやすいのがメリットと言えますが、どろっとした食感が苦手な人は難しいかもしれません。

どちらも良いところを上手に取り入れてみて

コンブチャクレンズとダイエットスムージーについて比較をしてきました。それぞれにメリットがあるので、両方をうまく取り入れると良いでしょう。例えばダイエットスムージーを取り入れて、しばらく続けたらコンブチャクレンズにチェンジしてみるというやり方もOKです。無理をせず、飽きないように続けたいものですね。

ジュースクレンズって?

新鮮な野菜や果物を使う点はスムージーと同じですが、ジュースクレンズの場合は低速のジューサーで絞ったコールドプレスジュースを使い、食事と置き換えます。普段の食事を2〜2.5リットルのジュースに置き換えますが、短くても2〜3日間、長くても5日間ほど続けて体の中のいらないものを排出する、というイメージです。

ダイエットスムージーって?

何種類かの野菜や果物を生のままミキサーでジュースにしたもの。野菜や果物の栄養をそのままジュースの形で飲むことができるので、手軽に不足しがちな栄養を摂取できます。朝食や夕食をスムージーに置き換えたり、間食の代わりに飲んだりするのがおすすめ。

>>私たちが実際に飲んで選んだ粉末ダイエットスムージーはこちら

ジュースクレンズとダイエットスムージーをポイントごとに比較してみよう

では、ジュースクレンズとダイエットスムージーについて、さまざまなポイントから比較をしてみます。

期待できる効果は?

ジュースクレンズ

固形の食事をジュースに置き換えるので、短期間で体重を落とすことができます。また、胃に固形物を入れないことで胃腸を休ませられるため、胃腸の調子を整えたい人にもおすすめ。濃縮された酵素が老廃物の排出を促し、痩せやすい体へ変わっていきます。

ダイエットスムージー

食事と置き換えることでゆっくり体重が減っていきます。また、野菜や果物を丸ごと摂取するので食物繊維もたくさん取り入れられるので、便秘の改善も期待できます。

取り入れるメリット

ジュースクレンズ

短期的なチャレンジでダイエット効果が出やすいことが最大のメリット。加えて、短期間で済むので上手に行えば体への負担も少なく済みます。デトックス効果が高く、毒素を体の外に出せますし、日々の暴飲暴食などで疲れた胃腸を休めることもできます。

ダイエットスムージー

短期間では効果を感じられない場合がほとんどですが、野菜や果物の栄養をそのまま摂取できるので毎日飲み続けることで循環の良い体を作りながら健康的な減量が可能。また、食物繊維が多く含まれているので便秘改善や美肌効果も期待できます。腹持ちもよく、食事の置き換えにした時も満足感を得られます。

考えられるデメリット

ジュースクレンズ

コストがかかることがデメリット。まず、自分で作るためには高価な機械が必要ですし、コールドプレスジュース専門店で購入もできますが価格も割と高め。また、購入した後も冷凍保存をして飲む時には自然解凍させなければいけないなど、やや手間はかかってしまうため続けにくいことがあります。

また、ファスティングに近い内容なので健康を考えて無理のない期間から始めなければいけない点も覚えておきましょう。

ダイエットスムージー

スムージーを作る際には多くの野菜や果物が必要なので、毎食飲むと考えると野菜が高騰している時期はコストがかさんでしまうケースが考えられます。

また、作ったらすぐ飲むのが基本なため、保存ができず家の外で飲むことが難しい面があります。ただし、この点は粉末のスムージーを用いることで解消できます。

始めやすさ、続けやすさは?

ジュースクレンズ

自宅でジュースクレンズを作るためには専用の機械が必要になります。ミキサーでは作ることができないため、導入するのにコストがかかってきます。ただ、最近では食材にこだわったコールドジュースを扱っているお店もあるので、購入さえすればすぐにスタートできます。

ただ、専門店のコールドジュースは高価になりがちなので、やはりコスト面が問題になってくる場合があります。

ダイエットスムージー

ミキサーがあれば家で作れるため、あとは新鮮な野菜と果物を調達するだけ。とても簡単に始められますし、今は粉末のスムージーも販売されているので、外でも気軽に飲めます。

家で作ったスムージーと粉末タイプのものを上手に使い分けられれば、非常に続けやすいと言えるでしょう。

味や飲み心地は?

ジュースクレンズ

さまざまな味のコールドジュースがあるので、好みの味を選べます。飲み心地はさらっとしていますが、中には味にクセを感じるものもありますので好き嫌いが分かれる場合もあるでしょう。ただ、飲みやすさ重視のジュースを販売している専門店もありますので、初心者でも飲みやすいものからはじめてみるのも手。

ダイエットスムージー

自分で入れる野菜や果物を選べるので、自分好みの味を作れるので味については問題ないことが多いです。さまざまなレシピを試してみてくださいね。ただ、飲み心地はどろっとしているので、この食感が苦手な人は継続が難しいかもしれません。

上手に使い分けて、健康でスリムな体を手に入れよう

ジュースクレンズとダイエットスムージーについて比較をしました。どちらもうまく使えばダイエットや健康的な体を作ってくれるものですが、ジュースクレンズはファスティングに近い内容なので、スムージーの置き換えと同時に行うのは体への負担がかかるのでやめましょう。短期集中ならジュースクレンズ、普段の食事を置き換えたり間食の代わりに飲むのならスムージー、と上手に使い分けてくださいね。

>>私たちが実際に飲んで選んだ粉末ダイエットスムージーはこちら
スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー 徹底比較粉末ダイエットスムージー飲み比べ座談会
スムージーダイエットに失敗した私たちが選ぶ!粉末ダイエットスムージー